オーガニックもっと!WEBマガジン

ヘッダad広告(468×60)

NZ(ニュージーランド)のユニークな幼児教育プログラム、テファリキとは?

テファリキ幼児教育プログラム
各詳細ページ1/ad広告

こどもの個性を伸ばす教育として、近年世界から注目されるNZ(ニュージーランド)の幼児教育カリキュラム、テファリキをご存知でしょうか?このカリキュラムの特徴は、何と言っても子どもが主体的に学ぶための仕組み作りにあります。NZの幼児教育では、一斉教育は一般的ではありません。私の子供が通っている園では、登園すると先生からは必ず「今日は何がしたい?」と聞かれます。好きな事にとことん取り組めるのですから、楽しくないはずはありません!私も通いたいです(笑)外でひたすら体を動かす子もいれば、1日かけて積み木で超大作を作る子も!みんな違ってみんな良いんですね。こどものやりたい気持ちを全力でサポートする事が、保育者のお仕事とされているようです。そのための環境設定、こどもを観察し、活動を発展させていく姿勢は、親としてとても参考になります。私はついつい手も口も出し過ぎてしまうので。

 

テファリキ幼児教育プログラム

子供たちはいつも自分がやりたいことに夢中です

テファリキ幼児教育プログラム

テファリキは、4つの原則と5つの要素から構成されています。学習目標はあるものの、何歳までに何をしましょうと言うような具体的な縛りはなく、非常に柔軟に出来ています。これは幼児期の学びの成果は生涯に渡って発揮されると考えられているためであり、人生のずっと先に壮大なゴールが設定されているとも言えます。でも、こどもの日々の成長をどうやって知るのか?少し不安ですよね。そこで登場するのが、ラーニングストーリーという写真付きの活動日記のようなものです。ここでは担当の先生によって、こども達の日々の遊びや思考の様子が綴られます。NZの先生はこども達の良いとこ探しの名人!好き、得意を伸ばしましょうという考えのもと、どの子のラーニングストーリーもポジティブな言葉に溢れています。おそらく子供達の一番好きな読み物です。

テファリキ4つの原則

1、 Empowerment: The early childhood curriculum empowers the child to learn and grow. (自ら学ぶ力をつける)

 

2、Holistic Development: The early childhood curriculum reflects the holistic way children learn and grow.(全体的な成長を促す)

 

3、Family and Community: The wider world of family and community is an integral part of the early childhood curriculum.(家族やコミュニティといった、より広い世界の中で育つ)

 

4、Relationships: Children learn through responsive and reciprocal relationships with people, places and things.(様々な人、ものとの関係性を通じて学ぶ)

テファリキ5つの要素

1、Well-being: 子供の健康と幸福が守られる

 

2、Belongings: 子供の個性と性格を尊重し、そこから他者への思いやりの心を育てる

 

3、Contribution: すべてのこどもに平等な学びの機会が与えられる

 

4、Communication: 真の対話力を身につける

 

5、Exploration: 体験から学び、探求心を育てる

 

参考:https://tewhariki.tki.org.nz/en/te-whariki-foundations/principles-strands-goals-and-learning-outcomes/ 

 

テファリキ幼児教育

エココンシャスな大人を育てる早期教育?!

NZにはエココンシャスな人が多いと言われています。どうやら幼児教育にその秘訣がありそうです。テファリキの重要な4つの原則と5つの要素の中には、自分と他者、地域、自然との繋がりを学び、関係性を構築するというものがあります。その方法としては、体験から学ぶ事が最も重視されています。例えば、私の子供が通っている保育園の普段の生活を考えてみると、雨水を集め、それを畑の水遣りに使い、育てた野菜を食べて楽しむ。食べカスが出てしまったら、ミミズコンポストへGO。そこでできた土からまた野菜ができる。という具合に、一連の循環について自然と経験します。その他にも、自然素材のおもちゃや環境の中で、幼少期から自然を遠ざけず、身近なものとして感じるための工夫がされています。自然と仲良しになれる環境設定によって、理屈ではなく、自然を大切にしようという気持ちが芽生え、将来的にエココンシャスな大人へと成長していくのだと思います。

 

テファリキ幼児教育プログラム

畑で育つ野菜や自然がいつも身近にある環境設定

次回は家庭ですぐに実践できる環境設定と保育施設レポート!

NZ流オーガニックなライフスタイル、記念すべき第一回は、NZの幼児教育についてお送りしました。ざっくりとした内容ですが、オーガニックなライフスタイルやNZに興味を持っていただくきっかけになれば嬉しいです。次回は、家庭ですぐに実践できる環境設定を含め、実際の保育施設の様子をレポートします。どうぞお楽しみに!

 

テファリキ幼児教育プログラム

これからもNZ流教育や食など情報をお届けします♪

各詳細ページ2/ad広告
各詳細ページ/あなたにおすすめの記事の最後 ad広告
スマホ用フッタ上ad広告
スマホ用下部に追随するad広告