オーガニックもっと!WEBマガジン

ヘッダad広告(468×60)

ゼロウェイストでエシカルな保存容器5選 メリットとデメリットまとめ

ゼロウェイスト保存容器ガラス
各詳細ページ1/ad広告

 

ゼロ・ウェイストをする上で欠かせないもの。それは、保存容器です。量り売りで買うときも、手作りしたものを入れるときも欠かせないモノです。今日はその保存容器のオススメついてお話ししたいと思います。

ガラス

ゼロウェイスト保存容器ガラス

 

言わずと知れたエコ界の超優等生。割れても半永久的にリサイクル可能。キズや匂いも付きにくく、熱や酸にも強く劣化もしにくい。耐熱性のものはオーブン、電子レンジでも使用可能。形やサイズのレパートリーも多く、選びやすい。中身が見える。お値段もピンキリ。瓶系は1つで液、粉どちらでも対応できる。お手入れ簡単。持ち運びにはちょと重い。落とすと割れる、欠ける。

ホーロー

ゼロウェイスト保存容器ホーロー

 

シルプル&オシャレ代表。最近は種類もサイズも増えてきている。重ねて収納しやすい。オーブングリルは使用OKなので、お菓子作りなどの調理器具としても大活躍。電子レンジは電子レンジの故障や発火の原因にもなるため使用はNG。保温性、冷却性に優れている。匂いが残りにくく、お手入れ簡単。ガラスより軽く、落としても割れないので持ち運びに便利。側面からだと中身が見えない。シリコン製のフタは劣化するので定期交換が必要。液ものはシリコン製のフタから漏れやすい。スプーンの先やたわしで擦ると傷が付く。※処分の際は自治体の分別を要確認してください。

ステンレス

ゼロウェイスト保存容器ステンレス

 

アンティーク、エスニック風がお好きな方におすすめ。東南アジアのお弁当にも大活躍。見た目がカッコいい。耐熱性、冷却性が高い。軽くて、丈夫。落とすと凹むことも。油や臭いが残りにくい。電子レンジ使用不可。たわしなどはキズになりやすい。調理器具としては多いが保存容器としては種類が少ない。

プラスチック

ゼロウェイスト保存容器プラスチック

 

手軽さとコスパの優等生。色、種類もサイズも形も豊富。軽くて丈夫。持ち運びや出先に持って行きやすい。使用状態によるが割れることも少ない。安いくて可愛いものが多い。電子レンジ対応。ただし、おすすめはしない。非耐火性は熱に弱いので使用注意。交換目安は約年。油や臭いが残りやすい。環境ホルモンが体に影響する可能性がある。意識して使用を減らした方がいい。

シリコン

ゼロウェイスト保存容器シリコン

 

エコ界の新星。お菓子用やお弁当カップなど、利用の幅を大きく広めつつあり、最近では袋型の保存容器も登場している。柔らかく、軽い。商品にもよるが熱に強いものもある。強いものは、湯煎、レンジで使用できる。匂いや油分が残りやすい。プラスチックの代用品として注目されているが、人体への影響はまだ不明。過度な使用は気をつけて。

長く大切に使用して節約にも

いかがでしょうか?それぞれのメリットやデメリット、ポイントなどをまとめてみました。ぜひ参考にしてください!

エシカルでゼロウェイストなスーパーマーケット「ビオ・あつみエピスリー豊橋」オープン

愛知県豊橋市三ノ輪町には2019年「ビオ・あつみエピスリー豊橋」というお店がオープンしました。

 

https://jan-dara-rin.com/bio-atsumi/

 

お惣菜、お米、味噌、ドライフルーツ、調味料や油まで、量り売りで購入できます。お近くの方は是非お気に入りの容器を見つけてお買い物に行ってみましょう!

各詳細ページ2/ad広告
各詳細ページ/あなたにおすすめの記事の最後 ad広告
スマホ用フッタ上ad広告
スマホ用下部に追随するad広告