オーガニックもっと!WEBマガジン

ヘッダad広告(468×60)

簡単で効能高い特効薬で食べやすくて可愛い♪ 大根はちみつ

すぐ咳が深くなる子に常備すべし!簡単で効能高い特効薬で食べやすくて可愛い♪ 大根はちみつ
各詳細ページ1/ad広告

ぐっと寒くなってきたここ最近。もう、というかまだ、というか。お母さんになって5年ともなると、なんとなく肌感で息子の調子を崩すタイミングがわかって来ます。気管支が弱くて、アレルギー体質の息子。熱くてうだるような夏から秋冬にかけてのこの時期は、とにかく空咳からのゼイゼイとした咳が止まらなくなり。夜中も咳で眠れないゆえに回復力が追いつかないという毎年の連鎖。今年こそは、なんとか止めたい!と、思っていました。

 

循環器系を鍛えたいと一緒に水泳を始めたり、乾燥や潤いを改善してあげたり、疲れや気力のために意識した食を実践したり、親がいくら考えてみてもなるときはなるんですね。そんなときこそ、いつでも口にする事ができて効果があるものを少しでも取り入れていきたいですよね。

喉が痛いときの特効薬

最近は、大根をとってみてもいろいろな品種のものが手元に届くようになってきました。黒大根や青大根など、色々ありますよね。今回は、赤くて見た目にもかわいい赤大根。

 

 

味わいは、二十日大根のようなピリッと辛味がある大根。コレを今回は、「空咳が多い」「喉が弱い」「気管支が弱い」こんな方にもピッタリの簡単な一品をご紹介します。

材料

  • 大根          適量
  • はちみつ        適量

作り方

 

① 大根をすりおろして、たっぷりとはちみつを合わせる。

 

 

② 3時間以上おいたら出来上がり。

 

レシピってほどでもありませんが、置いておくほどに辛味が抜けていきます。

大根はちみつで炎症をおさえて、子供もよろこぶ!

大根自体は生で食べることで冷やす効果が強い食材でもありますが、大根はちみつは喉に炎症が起きていてヒリヒリとしてしまっている状態にはピッタリです。更に、はちみつで潤いももたらしてくれますので、喉が弱い方は、ぜひ常備してみてくださいね。わたしの息子も、大根おろしは辛すぎて食べませんが、この大根はちみつなら、おやつ時間に口にしてくれます。

 

無理なく、冬のお楽しみメニューとして大根はちみつを活用し喉をケアしていくことが、この時期のお薬摂取の軽減にもなってきます。親子で美味しくケアしていきましょうね。

各詳細ページ2/ad広告
各詳細ページ/あなたにおすすめの記事の最後 ad広告
スマホ用フッタ上ad広告
スマホ用下部に追随するad広告