オーガニックもっと!WEBマガジン

ヘッダad広告(468×60)

新玉ねぎのチャーハン|「一物全体」まるごと子供も大喜び

新玉ねぎのチャーハン
各詳細ページ1/ad広告

売り場にも目につくようになってきている新玉ねぎの季節が来ました。いつもと同じような「玉ねぎ」として使うだけではもったいない!この時期、写真のようなひげ根付き、葉付きの玉ねぎを見つけたらぜひ手にとってほしいんです。

 

新玉ねぎのチャーハン

 

今しか手に入らないものでもありますが、どの部分も余すことなくいただけるのって今しかないと思うと・・・とってもレアな食材のように感じませんか?

一物全体と言う言葉を知っていますか?

一物全体と言う言葉があります。「一つのものを丸ごと食べる」という意味なのですが、最近は実際に丸ごと食べられる食材を手に取れることって少なくなりました。手軽に使えるほど、「その部分だけ」になりがちなんですよね。一つのまとまりのあるもの(種子、実、葉、根など)は、いろいろな面でバランスがとれている上に、まとまっていることによる、特別の働きが期待できると言われています。

気や血を巡らせて身体を温める新玉ねぎ

玉ねぎは、気血を巡らせ、身体を温める作用があります。新陳代謝を活発にして、疲労回復を促す働きがあり、余分なものの排出と
ストレスのダメージを受けやすい胃の働きを高める効果にも溢れています。今回は春のひとときに、そんな新玉ねぎを丸ごと食べられる「新玉ねぎのチャーハン」をご紹介します♪

材料

  • ご飯           適量
  • 卵            適量
  • 新玉ねぎ               適量
  • ごま油          適量
  • (にんにくもお好みで)
  • 塩            適量
  • 胡椒           適量
  • 醤油           適量

作り方

① 新玉ねぎの根や葉の部分をみじん切りにする。新玉ねぎの本体(鱗茎葉)の部分を3mmほどの厚さに切る。

② フライパンに、にんにくと本体以外の新玉ねぎを入れて、ごま油で炒める。

③ 溶いた卵を入れてご飯を炒めて、味をととのえて皿に盛る。

④ ごま油を引いたフライパンにスライスした新玉ねぎをさっと炒めて、チャーハンの上に乗せて完成。

 

新玉ねぎのチャーハン

 

新玉ねぎのチャーハン

子どもたちも大喜びの新玉ねぎチャーハン

なんでもないチャーハンに、本当にさっと火を入れただけの新玉ねぎを乗せるだけで本当に美味しい!いつもより大きめに切った新玉ねぎを合わせることで、ご飯の甘味も相まって、子どもたちもあっという間に平らげてくれますよ。新玉ねぎだからこそ、肉厚に、ジューシーさと甘さをぜひぜひ味わってみてください!びっくりする甘さに驚くはず。食事からしっかりと元気を取り入れていきましょう。

 

各詳細ページ2/ad広告
各詳細ページ/あなたにおすすめの記事の最後 ad広告
スマホ用フッタ上ad広告
スマホ用下部に追随するad広告