オーガニックもっと!WEBマガジン

ヘッダad広告(468×60)

ママ・こどもが安心して集える自然派サロン『ひなのいえ』

関東

『ひなのいえ』自然に寄り添ったライフスタイルを

「ひなのいえ」代表の内村暁子さんには、ふたりのお子さんがいます。ご長男は、生まれつき乳児湿疹が酷く食物アレルギー持ち、さらに喘息気味だったそうで、それを「何とか治してあげたい」と模索していく中で自然療法と出逢いました。そして、これまでのライフスタイルを改め、“お手当”をしていくと、低体温だった自分の体温が上がり、ご長男の症状も徐々に改善していったのだそう。

全く未知だった自然療法という世界を学べば学ぶほどのめり込み、魅力に引き込まれて行き、さらに「私でも治してあげられるのだ!」と母として自信が持てるようになったそうです。

この体験を糧に、世のお母さん方の役に立ちたいと一念発起し、自然に寄り添ったライフスタイルを提案する自宅サロン『ひなのいえ』をオープン。この名前には、「ママ・こどもが安心して集える温かな巣のような場所を作りたい」との思いが込められています。そして、この場所で様々な事を吸収し自分なりのやり方を見つけ、巣立って行って欲しいと言いう願いも込められています。
各詳細ページ1/ad広告

自然療法ではアロマテラピーのレッスンを中心に

『ひなのいえ』では、様々な種類の自然療法を実践されている中で、アロマテラピーレッスンがメインです。使用しているのは、“doTERRA(ドテラ)”というアメリカの会社の精油を使っています。精油は発展途上国で蒸留されるものが多く、生産者に適正な賃金が支払われない、品質が改ざんされやすいなどの問題があります。しかし、ドテラ社は適正な賃金を支払うことにより生産者にも優しく、高品質の精油を手にすることで愛用者にも優しい仕組みとなっているそう。貧困地域に水道や学校、医療施設を提供する取り組みもあり、自ら製品を使うことにより社会貢献につながることが嬉しくて、暁子さんはこの“doTERRA(ドテラ)”を愛用しています。

また、自然食の料理や砂糖や小麦を使わないお菓子作りの料理教室も開催しています。料理教室は、無農薬や有機栽培野菜を使い、ただ切ってお鍋の中に陰陽の順番に重ねて調和させる重ね煮から常備菜を作ったりする教室です。カラダに優しく簡単、かつ実践的なメニューが人気のようです。暁子さんが個人的におススメするのは、冬の酒粕料理教室だそう!私も米粉を使った料理教室に参戦したことがありますが、失敗ばかりの米粉パンや蒸しパンが上手にできるようになり、自身が付きました!

『ひなのいえ』レッスンのご紹介

● お薬を使いたくないママのアロマ入門講座
● 風邪のお手当講座
● 丈夫な子を育む食養講座
● おむつなし育児と布おむつのおはなし
● 男の子のおちんちんケア講座
● ハーブチンキ作り講座
● 女性性を高める膣ケアのおはなし
● 重ね煮7段活用
● ギルトフリースイーツレッスン
● 豆腐クリームで作る米粉のデコレーションケーキレッスン

また、夏休みや冬休みなどにママと子供が楽しめる『ひなのいえマルシェ』も開催しています!
FacebookやInstagramでレッスン情報などを掲載していますので、ぜひご覧になってください!

<facebook>
https://m.facebook.com/mamatokodomo.hinanoie/?locale2=ja_JP

<Instagram>
https://www.instagram.com/mama_to_codomo_hinanoie
各詳細ページ2/ad広告

わたしのオーガニックとは『暮らしの一部』

「買い物は投票だ」という考え方をご存じの方も沢山いらっしゃると思います。応援したい方の商品を買ったり、なるべく作り手の顔が見える事を心に留めて買い物したり、お野菜も有機農家さんが毎週自宅に届けてもらっているそうです。さらにご自宅でも小さな菜園でお野菜を育てながら、虫食いだらけの野菜を見て「虫たちと食べ物を分け合う」という感覚をお持ちだとか!お野菜を通して季節の移ろいを感じたり、自然とつながっていると言う感覚を大切にしながら心穏やかに過ごされているのだなぁと感じました。

「母親と言いうのは我が子に何かあれば自分を責める生き物です。でも、お母さんはお家の太陽、お母さんが笑っていれば子供たちは幸せなのです!だからお母さんたちが笑顔になれるよう、微力ながら私でお力になれることがあれば、お手伝いさせていただきたいなと思っています。」(暁子さんからの言葉)
一時期、自然療法にストイックになりすぎて苦しくなった過去もあるのだそう。自分と違う考えを否定し、周りにも攻撃的な印象を与えていたかもしれない、そんな苦い経験から、頑張り屋さんのお母さん方には気持ちを緩ませてあげられるよう、寄り添うことを意識し日々活動をされているそうです。

最後に暁子さんは次のように語ってくれました。
「我々、大人がこれからを生きる子供たちにしてあげられる事は、丈夫なココロとカラダをプレゼントする事、そして綺麗な環境を残す事、その想いがベースとなり、自然に寄り添ったライフスタイルをご提案していますが、これは自分一人だけの力で伝えていくのには限界があります。私と志を共にして一緒に活動してくれる仲間を増やしたいと思っています。もし、私の想いに賛同して下さる方がいらしたら、お気軽にお声掛けいただけたらと思います。」
ママとこどものサロン 『ひなのいえ』
住所:〒321-0902
   栃木県宇都宮市柳田町286-15
最寄駅:JR宇都宮駅
営業時間:10時~16時
定休日:土日、祝日
ホームページ:https://m.facebook.com/mamatokodomo.hinanoie/?locale2=ja_JP
Instagram:https://www.instagram.com/mama_to_codomo_hinanoie
各詳細ページ/あなたにおすすめの記事の最後 ad広告
スマホ用フッタ上ad広告
スマホ用下部に追随するad広告