オーガニックもっと!WEBマガジン

ヘッダad広告(468×60)

ユーモアたっぷり♪身体も心も元気にしてくれる!地域に根差した八百屋さん『八百みく』

関東

たくさんの想いが交差しあって生まれた「八百屋」さん

代表の三厨(みくりや)由美さんは、1989年からご主人の転勤で台湾に住んでいたのですが、当時は日本食を作るにも台湾にある日本百貨店に行かなければ材料が揃わないという状況でした。その百貨店などに並んでいる日本から輸入されたお野菜は、すべて綺麗にパッケージされ、みんな同じ形で、見た目はすごく良い。でも、地元の市場に売っているお野菜は土が付いていて、手に取ると中から虫がうじゃうじゃ出てくる。当時はそれがかなりのショックでしたが、「きっと本来の農産物の姿がそこにある」と感じていました。日本に戻ってからも、一般に流通する野菜に抵抗があり、地域的にも安心・安全な食品を買えないと言う悩みをずっと持っていました。

しばらくは、無添加食品や無農薬野菜の共同宅配などを使って過ごしてきました。現在は子供達が成人し、周りを見渡すと地域には高齢の方ばかり。もともとイベント大好きであった事も引き金になり、2019年6月に一念発起で自宅庭で地域に根差した小さな八百屋『八百みく』を始めました。そのネーミングもご自身の苗字をモジっており、ユーモアたっぷりです。
各詳細ページ1/ad広告

栃木県内のこだわり野菜を集める「人脈おばけ」

誰とでもすぐに仲良くなれる三厨さんは、まさに「人脈おばけ」です。仲良くなればなるほど、このあだ名がしっくりくるのですが、その人脈の通り『八百みく』には、本当に様々な農家さんのお野菜が揃っています!栃木県内の無農薬・化学肥料不使用、有機栽培、自然栽培の農家さんを中心に、身土不二を意識し農家さんや生産者さんと繋がっています。

<『八百みく』ラインナップ>
・季節のお野菜
・自然栽培の米
・天然酵母のパン
・フェアトレード商品
・農家さんのお弁当
・マクロビオティックのお惣菜
・日本みつばちの蜂蜜、蜜蝋
その他にも様々なこだわりの品を見つけては、都度仕入れて販売しています。

『八百みく』は三厨さん一人で切り盛りしているので、現在は二週間に2回の開催、場所は、ご自宅の庭だったり、益子町の「KENMOKUギャラリー」だったり。そして農家さんそれぞれの人柄や魅力を伝えたい為、定期的に援農に行ったり、農家さん主催の米作りクラブに入ったり、と、日ごろからコミュニケーションを欠かしません。

子供の頃は商店街がありましたが、現在はほとんどの食料や商品がスーパーで手に入る。でもスーパーに行っても誰とも話さず、買うものだけ買って帰ってくるというスタイルです。それはそれでとても良いのですが、『八百みく』の魅力はやはりそこに三厨さんが居ること、そして野菜を買うだけじゃなく、おしゃべりをしに来るだけでも良いというところ。栃木を愛する人達が集うので、私もちょっと立ち寄るだけのつもりが毎回何時間も居座ってしまう程、心地よく楽しく元気をもらえるのがこの八百屋さんの素敵なところです!

人と人を繋げるだけじゃなく、次は「農業とアート(芸術)」を繋げたい!

八百屋を始めてから、お客様達がどんどん繋がっていくのを見届けるのがとても幸せだという三厨さん。もともとアートにとても関心が高く、『八百みく』を始めてからは、土から生まれた自然物をアートとして表現したいと思っていました。

そんな頃、ある美術系を目指す学生さんと繋がり、その学生さんの手により『八百みく』の名刺が出来上がりました。“人脈おばけ”三厨さんの人と人を繋げる姿をイメージし、大きなキャンバスに描いたものを名刺サイズに切った作品です(写真:左下)。

コピーは絶対したくないというその学生さんの粋なこだわりから、名刺は配り終えたら新たに違う季節野菜を描いてもらう予定だそう。その他にも学生さんは、北海道の有機トウモロコシや、日本固有種のかぼちゃを題材に、一枚一枚丁寧に手書きしたエコバッグを商品化し、『八百みく』でも販売しています。
各詳細ページ2/ad広告

自分が気持ち良いと思うことをする、それがオーガニック

三厨さんは、2020年6月まで自宅で学習塾を経営していましたが、通ってくれる子供たちの心をもっともっと自由に元気にしてあげたくて、勉強ができるようになる事が将来本当に彼らの役に立つのか?それが人生を本当に良い方向へ導いてくれるのか?を自問自答するようになりました。

幼少時から自由な発想を表現する勇気が持てず、生き方を変えたいと密かに思っていた三厨さんは、そんな彼らと過ごす日々を今までの自分と重ねるようになり、「心から楽しく自分を表現できる学び」というものが何なのか?を追求したい、と思い始めるようになりました。

そして現在、「今こそ変われる時」と感じ様々なことに挑戦する三厨さんが次に目指すのは、「こども美術館」を作る事です。子供達がその時にしか表現できない作品を展示し、未来を生きる子供たちが心も身体も健やかに成長してほしいと願っています!

身体も心も必ず元気になる『八百みく』です、是非足をお運びください!
店名:しあわせダネ!八百みく
フリガナ:シアワセダネ!ヤオミク
メールアドレス:なし
住所:〒320-0851栃木県宇都宮市鶴田町1704-34
最寄り駅:宇都宮駅
電話番号:なし
ホームページ:なし
Facebook:https://www.facebook.com/yumi.mikuriya.9
LINE公式:
営業時間:隔週土曜日、日曜日
定休日:
開業日:2019年6月~
代表者名:三厨由美
担当者:三厨由美
QRコード
各詳細ページ/あなたにおすすめの記事の最後 ad広告